マツコ、若い頃に経験したトラウマ 「そぐわない人間なんだなって…」

マツコ・デラックスが過去に店員から睨まれたことから、高級ブランド店に苦手意識を持っていると告白した。

2021/03/16 04:30

マツコ・デラックス

タレントのマツコ・デラックスが、15日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。過去のトラウマを明かし、注目が集まっている。



 

■バブル時代にディスコが社会現象になるも…

番組では、バブル時代のディスコブームについて特集。地下鉄が通っていない時期の麻布十番は「陸の孤島」と呼ばれていたが、「マハラジャ」ができたことで活気づいたと紹介した。

また、1998年に誕生した「ジュリアナ東京」は、当時、メディアも取り上げ社会現象に。

しかし、一部の中高年は「行くのが恥ずかしい」「少し怖い」という理由から、行くのを我慢していたという。


関連記事:マツコ、『月曜から夜ふかし』で日本文化を学ぶ外国人に持論 内容には賛否も

 

■若い頃に経験したトラウマ

この理由を聞いたマツコは、「私、いまだにいわゆる高級ブランドのお店が怖いのよ」と若い頃に経験したエピソードを話す。高級ブランド店の前を通り過ぎた際、通りかかるついでにたまたま中を見てしまっただけにも関わらず、店員が「あんた入ってこないわよね?」と睨んできたという。

店員の視線に圧力を感じたマツコは、現在でもこの出来事がトラウマ気味になってしまっているらしく、「私はそういうお店にそぐわない人間なんだなって思ってしまった」「今はお店の中をチラッて見て、店員さんが『いいよ』って目をしてたら入る」と説明した。


■視聴者から反響

このマツコのエピソードに対し、番組MC・ふかわりょうは「それは確かにトラウマになってしまいますね…全然お店側からしたら大歓迎だと思いますけど」とフォローを入れていた。

今回の放送を受け、ツイッター上では「マツコにトラウマがあったとは意外だな」「正直、高級ブランド店って大人になっても入りにくいよね」と驚きや納得の声が寄せられている。

・合わせて読みたい→マツコ、『かりそめ天国』に「大きなお世話」と不満あらわ 夢だったおはぎ店の調査に…

(文/しらべぇ編集部・北田力也

テレビマツコ・デラックス5時に夢中!ディスコ高級ブランド
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング