吉村知事、マスク会食への専門家の一言に怒り 「珍しくお口が…」と驚きも

吉村洋文知事がツイッターを更新。専門家の「効果はない」との見解に怒りをあらわにした。

2021/03/17 16:15

吉村洋文

大阪府の吉村洋文知事が、17日に自身のツイッターを更新。府が推奨している”マスク会食”へのある指摘に、怒りの声を上げ話題になっている。



 

■従来の方法ではなく…

いくつかの自治体が推奨してきたマスク会食。飲食の際、口に食べ物を運ぶときにだけ、片耳のヒモを外すというものだが「面倒くさい」などの声もあり、大阪府では別のものを提案していた。

記者会見で知事自ら実演したそれは、食べるときにマスクをずり下げてアゴに引っかけるというもの。「マスクをずらす」という点は変わらないものの、ヒモを取らなくていいという手軽さに注目が集まっていた。


関連記事:吉村知事、“静かなマスク会食”を生放送で呼びかけ 「ずっとじゃないので」

 

■「効果ない」に怒り

17日、吉村知事が怒りをあらわにしたのは、この府推奨のマスク会食への批判だ。添付された記事には、この方法への賛否の声が引用されており、その中に「専門家からは漫然とマスクを上げ下げすれば『効果はない』との指摘も」という一文があった。

これに対し吉村知事は「じゃ、その専門家は、マスク会食の別の普及方法を提案して下さい」とコメント。さらに「マスク会食は今なお全く普及していない。その現状は放置?」「100点でなければ0点のままを許容する発想ではクソの役にも立たない」と怒りの声を上げた。


■ネット上には労いの声も

コメント欄には、府が提案するマスク会食自体への賛否の声は当然見られたものの、一方で温厚なイメージをもたれることも多い知事が、感情を強く出している点への驚きの声も。

「知事、珍しくお口が…。 腹の中の状況がよく伝わってきます」「お疲れ様です。いろいろ大変ですが頑張って下さい」といった声が寄せられていた。

「やらないよりやる方が絶対いい」と、兼ねてよりマスク会食の徹底を訴えている吉村知事。今回の批判は「専門家」という立場であっただけに、黙ってはいられなかったのかもしれない。

・合わせて読みたい→求められるマスク会食 メガネ使用者から「面倒だ」との声があがる理由

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

ツイッター専門家吉村洋文飛沫感染新型コロナウイルス大阪府知事マスク会食
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング