飲酒ひき逃げ事故で逮捕の森本貴幸選手 パラグアイでの運転は危険だらけ

パラグアイに暮らして間もない外国人にとって、車の運転は容易なものではないとの見方もあるようだ。

社会

2021/03/17 15:45

飲酒運転
(Ohoho/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昨年秋に福岡を退団し、1ヶ月前にパラグアイ1部スポルティボ・ルケーニョと1年契約を結んだばかりの元日本代表FW森本貴幸選手(32)が、バイクを相手に飲酒運転事故を起こし、現場から逃げたとして逮捕された。

現地メディアの『Versus』『ABC』などが続々と情報を伝えているが、同選手は今後どうなるのだろうか。



 

■怖くなって立ち去った?

森本選手がひき逃げ事故を起こした現場は、パラグアイの首都アスンシオン市にある有名な「アスンシオン動植物園」からもすぐという、サンティシマ・トリニダード地区。

現地メディアは同選手が警察に逮捕された後、「そこがどこなのかもわからず、最寄りの警察署の場所もわからなかった」と話したと伝える一方、怖くなって現場から立ち去ったとも報じている。


関連記事:妻をひき逃げされた夫が「許さない」 逃走トラックにしがみつき高速道路を30km

 

■何をどれほど飲んだのか

現地のスポーツメディア『INFOLUQUE』は、事故の写真とともに森本選手の呼気アルコール検査の結果は逮捕時で0.41mg/Lと報じた。日本では呼気テストで0.15mg/L以上が酒気帯び、さらに増えれば酒酔い運転となる。

これを血中濃度に換算すると0.82mg/mL=0.08%。「軽く一杯ひっかけた」程度ではないことがわかり、何をどれほど飲んだのかにも注目が集まっている。

次ページ
■外国人の運転は危険

この記事の画像(1枚)