「ごめんなさい」と謝る善良な10歳息子を絞殺 父親の理不尽すぎる殺害動機とは

息子に対する父親の異常な愛情と歪んだ思い込みが、取り返しのつかない行動に直結してしまった。

2021/03/18 11:00

親子・父・息子・ハグ
(monkeybusinessimages/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

すくすく育ち、穏やかで良い子に成長した息子。その様子を見た父親が、満足するどころか殺意を抱いたことを、『The Sun』など海外メディアが報じている。



 

 

■素晴らしい息子の存在

トルコのコンヤで暮らす男(32)には、愛する息子(10)がいた。心が清らかで申し分のない息子を大事に思う一方で、自分の生き様を振り返り、「この俺はどっちみち地獄行きだ」と思い込むように。

それに納得はしつつ、「息子にだけは俺のようにはならないでほしい」と考え始めた。そして、ふと思いついた異常な“解決策”を実行したいと願うようになったという。


関連記事:「息子は安らかに寝ているよ」 コロナ禍で将来を悲観した父親が実子殺害

 

■凶行に及んだ父親

3月8日のこと、男は妻(31)に「ちょっと店に買い物に行ってくれないか」とお願いした。それを聞き入れた妻が家を出ると、愛しい息子に「ごめんな、父さんはお前を殺す気だ」と伝えてハグとキス。

すると息子は命乞いするどころか、「パパ、僕のほうこそ、ごめんなさい」と謝罪したという。その直後、父親は息子の細い首に両手をかけ、一気に絞殺。妻に見られるのが嫌だったのか、ドアに鍵をかけてから通報し、「人を殺しました」と伝えた。

次ページ
■地獄に対する異常な恐怖心

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

父親殺人地獄逮捕息子謝罪絞殺翻訳記事自主
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング