杉村太蔵、緊急事態宣言解除に理解 橋本マナミは反論も楽観貫く

久しぶりに『バラいろダンディ』に出演した杉村太蔵が、緊急事態宣言の解除に「リバウンドを怖いと言っていたら、ずっと解除できない」と理解を示した。

テレビ

2021/03/18 06:45

杉村太蔵
(写真提供:JP News)

17日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、杉村太蔵が18日に発表される見通しとなっている21日の緊急事態宣言解除について持論を展開した。



 

■宣言解除に理解

菅義偉首相が首都圏1都3県の緊急事態宣言を21日に解除する方針を示したことについて杉村は、「リバウンドが怖いなって意見も聞かれますけどね、それ言ってたら、ずっとリバウンドって怖くないですか。だから、なかなか解除できなくなっちゃうんで」と理解を示す。

一方橋本マナミは「(気が)緩む人が全然いると思いますよ。今、私の周りでも、緊急事態宣言中だから食事とか、外で行くのを止めてる人が多いですけど解除されたら、一気に出そう。今でも結構渋谷とか人が多いので」と解除に否定的だった。


関連記事:堀江貴文氏、緊急事態宣言継続案に苦言 「感染しないために生きる人生嫌」

 

■北海道を引き合いに

橋本の見解を聞いた杉村は「北海道は10月からバーっと出ちゃって、鈴木知事が札幌市の飲食店に時短要請かけて、かなり厳しくやって。おかげさまで減って、2月末に全面的に解除になったんです」と北海道のケースを口にする。

続けて「一気に人が出てくるんじゃないかと予測してたんですけども、すすきの、先週の金曜日、コロナ前と比較すると、まだ30%くらい少ないらしいんですよ」と説明した。

次ページ
■「相当慎重になる」