新型コロナ検査すり抜けのブルターニュ型変異株 PCR検査で4回も「陰性」に

頼みの綱だったワクチンが一旦停止の状態にあるフランス。マスク着用、テレワーク、ソーシャルディスタンスの徹底が改めて呼びかけられている。

社会

2021/03/18 12:50

PCR検査
(show999/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型コロナウイルスの感染拡大に関し、新たに大きな話題となっているフランスのブルターニュ型変異株。英国型、南アフリカ型、ブラジル型などと同じく、ウイルスが生き残りをかけ、ヒトの体に侵入しやすくなるよう進化したものとみられている。

『FRANCE24』『Medical Xpress』ほかが続々と伝えている。



 

■PCR検査をすり抜ける

フランス保健省は現地の15日、ブルターニュ地方ランニオンの病院で発生した新型コロナウイルスのクラスター8例において、新たな変異株を確認。世界保健機関(WHO)への報告を経て、今では「ブルターニュ型変異株」と呼ばれるようになっている。

病院の患者8例のうち7例がPCR検査をすり抜けていたとされるが、『rfi』が伝えたところによれば、公衆衛生当局には「4回の検査でいずれも陰性だった患者が数名いる」と報告されたという。


関連記事:米国のコロナ変異種・スーパーCOVID−19 20C−US 40歳女性の死で基礎疾患ある人に警鐘

 

■検体採取方法の見直し論も…

新型コロナウイルス新規感染者の世界ワースト3は、1位は1日あたり9万人強のブラジル、2位は1日あたり6万人強の米国、そして3位が1日あたり約38,000人のフランス。ポーランドを超え、欧州ではフランスが圧倒的ワースト1だ。

ブルターニュ型変異株が、感染力の強さや死亡率の上昇をもたらすといった情報はまだないが、従来の鼻から検体を採取するPCR検査で対応しきれないのであれば、異なる採取位置や方法についても議論していく必要があるという。

中国で実施されている肛門からの検体採取も一案になるのだろうか。

次ページ
■急ピッチで調査中