坂上忍、過去の「ブスが嫌い」発言について説明 視聴者からは賛否の声が

この日の番組では、坂上忍が過去の女性蔑視発言について説明。視聴者からは賛否の声が寄せられている。

テレビ

2021/03/18 18:00

坂上忍

俳優・坂上忍が、18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。過去の女性蔑視発言について説明し、視聴者から賛否の声が寄せられている。



 

■「オリンピッグ」プランを提案

この日の番組では、東京五輪・パラリンピックの開閉会式の企画・演出の統括役を務める佐々木宏氏が、お笑いタレント・渡辺直美の容姿を侮辱するような演出プランを提案したLINEが流出したことについて特集。

インターネット上では佐々木氏に対する批判が殺到し、その後佐々木氏は報道について謝罪したうえ、統括役を辞任している。


関連記事:『バイキング』みのもんたの豪快すぎるエピソードに坂上忍も絶叫

 

■薬丸は「オリンピックだからダメって…」

今回の騒動について、坂上は「僕らの業界だと、ものを作ろうとしたとき、アイデアが硬直化してしまって、突拍子もない考え方が出てくることも多い」としつつ、「それが流出してしまうのが怖いところだよね」と流出経路について言及。

これにタレント・薬丸裕英は「バラエティでも、豚の格好をしたり…そういうことがあるじゃないですか。オリンピックだからダメっていうのは、どうなんだろう」と疑問を呈した。

次ページ
■過去の女性蔑視発言について説明