笑えない「渡辺直美=五輪ピッグ」発想 海外はすでにボディ・ポジティブの時代

体質が原因であることが、とても多い肥満や痩せすぎ。それを他人がとやかく言う、まして全世界に発信するのは、いかがなものか。

2021/03/18 20:15

渡辺直美

開会式まであと4ヶ月と少し。そんな東京五輪・パラリンピックで、再び「差別」の話題が浮上してしまった。開閉会式の責任者だった電通出身のクリエーティブディレクター、佐々木宏氏がタレントの渡辺直美のふくよかな体形を使った演出を提案し、不評につき謝罪。

18日に辞意を表明した。世の中は今、痩せている=美しいではない。「ボディ・ポジティブ」という考え方が浸透しつつあることを、佐々木氏は知らないのだろうか。



 

■却下され「ほっとした」の声

関係者のなかで、五輪開会式の出演候補者である渡辺直美を「どうイジるか」と、演出のアイデアがあれこれ飛び交っていたという。そんななか「Olympig(オリンピッグ)」と描かれたピンク色の衣装を着せ、ブタの耳で登場してもらうというのが、佐々木氏のアイデアだった。

だが、「面白くない」「体型に触れるのは失礼だ」とスタッフの評価はさんざんなものに。正直に批判したスタッフ、それを受け止めて謝罪した佐々木氏。実施されることなくアイデアが却下されたことに、世間からは「ほっとした」という声が多い。


関連記事:“容姿を侮辱”との報道に… 渡辺直美のコメントが「さすが」と称賛の声

 

■イメージダウンを招く

ただし、米国の『ウォール・ストリート・ジャーナル』や『ブルームバーグ』などがこの件をすでに報じている。平和の祭典である五輪の開会式で人の外見を揶揄する、それが日本人の国民性だと思われてしまえば、恥ずかしい話だ。

また、渡辺はハリウッドへの進出を視野に入れ、ニューヨーク移住を準備中。佐々木氏のアイデアが通り、それに協力したとすれば、長きにわたり「オリンピッグというブタに扮した女性」というイメージがついて回ることだろう。

次ページ
■プラスサイズの女性に理解を

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

モデルオリンピック肥満東京五輪渡辺直美開会式痩せすぎボディポジティブ翻訳記事プラスサイズ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング