大型施設を巡回する警備員が新型コロナ感染 豪シドニーで再びクラスターの可能性

嫌がらせなどを懸念し、日本では感染者が出た店舗や施設の名称を、公表しない地方自治体がいまだに多いが…。

2021/03/20 13:00

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の保健当局が、州民に対し、Twitterを通じて新型コロナウイルスに関する大掛かりな注意喚起を行っている。55日間連続で「感染者ゼロ」が好評だった同州。

だが、再び陽性者が出ただけではなく、とんでもない数のクラスターが発生する可能性を秘めているようだ。



 

■有名ホテル2軒を巡回

ニューサウスウェールズ州保健局はTwitterの公式ページ「NSW Health」で、シドニーの五つ星ホテルであるソフィテル・ウェントワース、そして四つ星ホテルのマントラ・シドニー・セントラル・ヘイマーケット内を巡回していた47歳の警備員が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

なお、感染源は3月6日にソフィテルがホテル隔離として迎えた、海外からの渡航者ではないかという。


関連記事:ワクチン1回接種後にコロナ感染した女性 「3ヶ月後にまた2回接種」と説明

 

■行動歴を詳細に公開

NSW Healthは、もっとも感染力が高い期間に警備員と濃厚接触があった者を、130人特定して通知。最近の行動歴を公開し、「この時間帯にここを利用した方は、速やかにウイルス検査を。検査の結果にかかわらず14日間の自主隔離を」と呼び掛けている。

行動歴には、警備員が3月8日から13日まで巡回していた、あるいは自身が利用していた2軒のホテル内の事務所、カフェ、各種レストラン、コンビニ、そして通勤に使用した鉄道などが、時系列で細かくリストアップされている。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■1回の接種では不十分
ホテルワクチン隔離新型コロナウイルス感染者自主隔離接種シドニー翻訳記事渡航者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング