3足履いて分かった 「ワークマン」ランニングシューズの衝撃的な進化

5年で大きく進化したワークマンのランニングシューズ。最新作の履き心地は…?

グッズ

2021/03/20 06:15

いま勢いのある企業の一つといえるワークマン。高機能な商品が多く揃うが、その中でもランニングシューズの機能性が凄まじいことになっている。その衝撃的な事実は、先日行われた同社の製品発表会で知ることができた。


画像をもっと見る

 

■今や定番化した「アスレシューズライト」

ワークマン

同社のランニングシューズの歴史は、2017年に発売された「アスレシューズライト」(税込980円)から始まる。値段もさることながら、150gという軽さが話題となって大ヒットを記録。発売から5年目となるが、今や定番商品化している。

ワークマン

やはり一番の驚きは圧倒的な軽さで、履き心地に関しても値段を考えると十分すぎるほどだ。ワークマン社員によると、フルマラソンもこなせる耐久性だという。


関連記事:ワークマン、ぶっ壊れ価格の「コンパクトローチェア」 テレワークに最適だと判明

 

■ワークマン社員も驚いたシューズの進化

ワークマン

「アスレシューズライト」の衝撃から3年後の20年に発売された、「アスレシューズ ハイバウンス」(税込1,900円)がとんでもない進化を遂げる。

ワークマン

ワークマン独自の高反発ソールによって足が疲れにくくなるだけでなく、靴底には滑り止め効果のあるラバーを使用。デザイン性が高くなったのも嬉しいポイントだ。

ワークマン

履いて実感したのはフィット感とクッション性の高さで、いくら歩いても疲れないという謳い文句にも納得。じつは、ワークマン社員も自社のシューズがここまで進化したことに驚いたという。

次ページ
■自然に次の一歩が出る魔法のシューズ

この記事の画像(8枚)