みちょぱ、緊急事態宣言解除後にしたいことを告白 再拡大を意識した慎重さも

20日放送の『ニュースな会』で、みちょぱが「緊急事態宣言明けにしたいこと」を口に。しかし、感染再拡大を気にしているようで、慎重なトーンが目立った。

テレビ

2021/03/20 16:10

みちょぱ・池田美優

20日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)に、ギャルモデル・みちょぱこと池田美優がリモート出演。1年経っても未だ収まる気配を見せないコロナ禍に関し、自粛明けにやりたいことを語った。



 

■緊急事態宣言解除を受け…

この日のオープニングトークで上がったのは、あす解除されることが発表された1都3県への緊急事態宣言。MC・中居正広からコメントを求められたみちょぱは、「気持ち的には嬉しい部分もありますけど…」と、解除が喜ばしい反面、感染が拡大しないかとの心配も示す。

中居が「(解除後に)何します?」と尋ねると、みちょぱは「なにしようかなー?」と迷いを口に。

劇団ひとりが「沖縄行っちゃえ沖縄」とそそのかしても、「行きたいけど、それやっちゃうとまた(感染拡大を)繰り返すことになっちゃうじゃないですか(笑)」「解除されたとはいえ、気を付けながら…」と慎重な姿勢を見せた。


関連記事:収束しないコロナ禍 緊急事態宣言解除後も人や会食を避ける割合は…

 

■慎重なトーンが目立つ

その後、番組は様々な話題で進行しエンディングへ。エンディングトークでも、中居は改めて、「なんかご飯行こっかなーとか、でもやっぱ難しいね」とみちょぱに宣言明け後の過ごし方について質問する。

みちょぱはここでも悩みながら、言葉を選ぶように「でも我慢してた分、解除されてから1回くらいは行きたいなって思ってますけど」とコメント。

「そこも、大人数じゃなく、気を付けながらになるかなーとは…」と続け、感染対策を意識しながらも、自粛のストレスがあることをにじませた。


■意外に少ない「コロナ後は飲みたい」派

新型コロナウイルスが広まって早1年。この1年、外出や飲み会の自粛は継続的に叫ばれ、フラストレーションが溜まっているという国民も多いのではないだろうか。

しかし、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女2,168名を対象に調査した結果、「新型コロナウイルス問題が収束したら積極的に飲みに行きたい」と答えた人は全体で33.9%。自粛疲れが叫ばれてはいるものの、意外にも3分の1ほどに留まっている。

新型コロナウイルス問題が収束したら積極的に飲みに行きたいグラフ

職場や仲間内の付き合いに参加していただけで、潜在的には、飲み会が得意ではないという人が多かったのかもしれない。

・合わせて読みたい→みちょぱ、新型コロナ初期症状についての解説に驚き 「友達から連絡がきて…」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)