小倉智昭、『とくダネ』終了後の展望を語る 生涯現役宣言も

いよいよ今週末で終了する『とくダネ!』キャスターの小倉智昭が、『Mrサンデー』で宮根誠司とSP対談。番組終了後の展望は…

テレビ

2021/03/21 23:50

小倉智昭

今週末をもってついに最終回を迎える『とくダネ!』(フジテレビ系)メインキャスターの小倉智昭が、21日放送の『Mr.サンデー』(同系)に出演。同番組MCの宮根誠司と、情報番組MC同士のSP対談を果たした。



 

■包み隠さず本音トーク

小倉はゲストとして出演し、前半には各ニュースに対してコメンテーターとしてコメント。終盤には「とくダネ!」終了記念として、宮根と本音の対談を行った。

小倉は若かりし極貧時代のエピソードとして、電気・ガス・水道が止められた、電車の網棚の新聞を拾って読んでいたなど、驚きの実話を続々と告白。宮根は、自身と小倉の好感度がともに低いとして、自虐を織り交ぜながら小倉の本音を探っていった。


関連記事:小倉智昭が『とくダネ』放送開始前にした宣言 笠井アナが明かす

 

■最終回後の展望は…

東西2大キャスターの対談は、終始和やかな雰囲気で進行。ラストに差し掛かると、宮根から「『とくダネ!』22年間走り抜けましたけど、喋り手としての目標とかお持ちなんですか?」と今後の展望が質問された。

小倉が「それがねぇ、聞かれるんだけど、ないんだよねこれといって」と明かすと、宮根はさらに「でも辞めるつもりもないでしょ?」と尋ねる。

これに対し、小倉は「うん、まだマイクの前では仕事はしたいなぁと思ってる」「だから、来る仕事があればやらしてもらおうかなって」と「とくダネ!」終了後もキャスター業は継続する意向を見せた。


■「生涯現役」宣言

宮根がさらに「じゃあ一生引退はナシ?」と聞くと、小倉は「うーん…引退しても、おそらく人生面白くないでしょう? 働けるまで働いたほうがいいかなって」とコメント。落ち着いたトーンではあるが、「生涯現役」を宣言してファンを安心させる。

さらには、先日放送の「とくダネ!」で語っていた、「(『とくダネ!』の)生放送中に死にたい」「誰かが抱き起こすみたいな…(笑)」というキャスターとしての本望も明かしたのだった。

・合わせて読みたい→長年『とくダネ!』の司会を務める小倉智昭 その評価を聞いてみると…

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太