月曜朝にトレンド浮上した「連載再開」 『ジャンプ』読者を絶望に叩き落とす結果に

毎週月曜日といえば『週刊少年ジャンプ』の発売日。突如トレンド上位に浮上した「連載再開」という言葉に、何故か落胆の声が相次いでいる。

話題

2021/03/22 11:45


 

■実際に『ジャンプ』を確認してみると…

少年ジャンプ

記者も同じく飼い慣らされた『ハンター』ファンのため、ツイッタートレンドで「連載再開」を目にした瞬間に、脳内ガッツポーズをしっかりと決めてしまった。

しかし関連ツイートを確認すると何やら事情が異なるようで、「連載再開しないのかよ…」「すいません、連載再開以外で『HUNTER × HUNTER』はトレンド入りしないよう法律作ってもらえますか?」「週明けから騙された…」といった絶望の声が多数上がっているのだ。

確かに今週の『ジャンプ』を確認しても、『ハンター』の連載再開などは一言も告知されていない。ではなぜ「連載再開」などという甘美な響きを持つデマが、突如世間を騒がせたのだろうか。


関連記事:『ジャンプ』人気ギャグ漫画 単行本化で『アクタージュ』パロが全て差し替えに

 

■「偶然」の連鎖によって生み出された説

恐らく今回の事象に関しては、同じく『ジャンプ』にて連載中の『呪術廻戦』が大いに関係していると思われる。『ハンター』(というか冨樫作品)からの影響が色濃い同作では、今週の掲載話にて「死滅回游」(しめつかいゆう)なる事象の説明が登場。

単行本派、アニメ派ファンのために詳細は割愛させてもらうが、巧みな心理戦が不可欠と思われる複雑なルールと、見開き2ページをぶち抜いて行なわれた説明が「冨樫イズム」を大いに感じさせる構図となっていた。

そのため「今週の呪術、ハンターっぽいな」といったツイートが溢れかえり、その情報が「ハンターの連載再開」と誤解され、「連載再開」がトレンド入りを果たすまでに至ったと考えられるのだ。

僕とロボコ

またパロディネタに定評があるギャグ漫画『僕とロボコ』でも、今週はキレッキレな『ハンター』ネタが登場しており、こちらも「連載再開」トレンド入りの一因を担っているのでは…と思われる。

残念ながら『ハンター』の連載再開は叶わなかったが、同作が読者だけでなく、同業者からも愛されているという絶好の証明になったのは事実。いまだ休載が続くことに絶望するのでなく、感謝の正拳突きを繰り出し、気長に連載再開を待ちたい。

・合わせて読みたい→想い人へのプレゼント、レシートをよく見ると… 本体顔負けの衝撃がそこにあった

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(2枚)