小嶋菜月、10年間の芸能活動に終止符 今後は「福祉系の仕事に就いて…」

芸能活動10周年を迎え、今月で芸能界を引退するタレントの小嶋菜月が、引退理由や今後の活動について語った。

グラビア

2021/03/23 08:30

小嶋菜月

AKB48の元メンバーで、現在タレントとして活動中の小嶋菜月が、ラスト写真集『またね』(トランスワールドジャパン)の発売記念イベントに登場。しらべぇ取材班は、彼女に突撃し作品の見どころについて聞いてきた。


画像をもっと見る
 

 

■最後の写真集

宮古島で撮影された本作は、小嶋にとって最後の写真集。作品を手に取り「ページ数が前回よりも20~30ページ増えてて、今まで見せてこなかった自分が見せられたのでとてもお気に入りです」と紹介し「最後の写真集なので、自然体な姿を撮ってもらいました」を語っている。

宮古島での撮影は、とても充実していたらしく「ずっと行ってみたかった場所なので、すごく楽しくていい時間を過ごせました」と笑顔で振り返った。


関連記事:小嶋陽菜、有吉弘行の指摘に怒り 「私の何を知ってるんですか?」

 

■「自然な大人の表情が…」

小嶋菜月

黒いワンピースを着て、海で撮影したカットは「風がすごく強かったんですけど、髪の毛がくしゃっと乱れながらも、今まで見せてこなかった大人の表情が出たので、これは最後にふさわしくお気に入りかなと思います」とアピール。

また、本人の希望で定番の白ビキニも着たようで「今まであまり白ビキニを着たことがなくて、最後の写真集だから、定番の白ビキニ着たいなと思って…最後に“グラビア”という感じのができて楽しかったです」と述べている。


■「やり残したことがない」

小嶋菜月

今月で、芸能界引退する小嶋は、その理由について「コロナで今までこなしていたお仕事ができなくなって、自分の将来を考える時間が増えた時に、10年間好きなお仕事をやらせてもらって、やり残したことがないと感じたので、一人の女性として次のステップに進みたいなと思いました」と明かした。

今後の活動については「これをやるという明確なことがまだ決まっていないんですけど、一般のお仕事に就くなら、看護師さんになるのが中学生の頃から夢だったので『看護師になります』とは宣言できないんですけど、福祉系のお仕事に就いて人の人生を支えられたらと思ってます」と、新たな目標を掲げていた。


【小嶋 菜月(こじま・なつき)】
1995年3月8日生まれ/血液型:A型/身長:155センチ/出身:千葉県/特技:料理/趣味:料理・愛犬と遊ぶこと

・合わせて読みたい→丹由美子、グラビアデビューのきっかけを告白 「身体にコンプレックスが…」

(文/しらべぇ編集部・堀莉奈 撮影/HIRO)

この記事の画像(7枚)