子供たちの「憩いの場」に突然張られた警告文 港区が怒りの決断

「二次会難民」の迷惑行為によって都内公園が一部閉鎖を決めた。

社会

2021/03/23 04:15

東京・新橋の駅前にある「港区立桜田公園」。

緊急事態宣言下、この公園で多くの“二次会難民”が酒盛りを繰り広げていることを以前報じたが、23日、その迷惑行為を一掃すべく港区が動いた。



 

■店は21時に「消灯」

21日をもって1都3県の緊急事態宣言が解除。

東京都は「段階的緩和期間」として、飲食店に対し営業は21時までという時短要請を行っており、ひっそり静まり返った飲み屋街を見ていると、まだまだ平時に戻ったとは言い難い状況が続いている。


関連記事:『とくダネ』公園で酒盛りをする人を取材 視聴者からは疑問の声

 

■客たちはどこへ…?

新橋

緊急事態宣言が発出された約2ヶ月半の間、ここ桜田公園では毎晩多くのサラリーマンが缶ビールやつまみを片手に談笑する姿が確認されていた。

人数を数えるとおよそ80人。時短営業となった居酒屋を追い出された「二次会難民」たちが車座となって話に花を咲かせる光景は、まるで桜のない花見会場といった様相だった。

次ページ
■その公園に異変

この記事の画像(2枚)