美人ラブドールと離婚したボディビルダー デブ専向けのふくよかな別個体と再婚

鍛え抜かれた超マッチョな肉体を誇るユリ・トロフコさん。彼は自身の強すぎる性欲を持て余しているという。

2021/03/24 10:30

人形・恋人
(master1305/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

3ヶ月ほど前、交際2年のラブドールの「マーゴさん」と結婚したことを明らかにし、世界中の人々を仰天させたカザフスタンのボディービルダー、ユリ・トロフコ(YuriTolochko)さん。

しかし1月下旬にはマーゴさんと破局。離婚後、またしてもラブドール界から新しい妻を迎えたことを、インスタグラムで明らかにした。



 

 

■早々に離婚

昨年11月下旬、マーゴさんというラブドールと結婚し、その女優並みの美貌とボディーラインを「俺好みの完璧な女」と称えていたユリさん。ベッド、食事、外出、入浴とにかく24時間ずっと一緒という、大変な惚れ込みようだった。

だが、ユリさんのインスタグラムからはマーゴさんとの写真や動画は徐々に減り、最近になって、ふたりが正式に離婚したことを明らかにした。


関連記事:有吉弘行のドライブ写真が「めっちゃ匂わせ」 助手席に妖艶美女が?

 

■躯体が壊れたマーゴさん

1月25日、ユリさんは10万人のフォロワーを持つインスタグラムに、丸焼き用の大ぶりな鶏肉を愛撫する動画を投稿。そこには、マーゴさんとの破局が近いことを綴っていた。

変わったプレイが大好きだというユリさん。彼の望むセックスに耐えられなくなり、躯体が壊れてしまったマーゴさんは、モスクワの病院ならぬ修理工場へ。その間の寂しさを埋めるため、ユリさんは丸焼き用のニワトリを購入したところ大変気に入り、同時に他のラブドールを新しく迎える意志があることもほのめかしていた。

次ページ
■「ムチムチ感が最高」

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

ラブドールマッチョ性欲鶏肉デブ専ニワトリボディビルダー男性ホルモン翻訳記事ハーレム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング