すたみな太郎、コスパ最強の牛丼を販売 吉野家と比較して分かった圧倒的ボリューム

すたみな太郎のテイクアウト専用のデカ盛り牛丼、気になるその味とは…

グルメ

2021/03/24 06:15

リーズナブルな価格で寿司や焼肉などが食べられる、人気バイキングレストランのすたみな太郎。

そんな同店のテイクアウト弁当が、大食いチャレンジャー歓喜のボリュームとなっているのを知っているだろうか。


画像をもっと見る

 

■とんでもないボリュームに驚き

牛丼

その弁当とは、商品名からしてデカ盛りの「超盛牛ドーン!」(税抜500円)。ご飯の量が並(220g)、大盛(280g)、超盛(360g)の中から選べるだけでなく、どれだけ大盛りにしても値段は変わらないという、大食いからすると嬉しい弁当だ。

それだけでなく、牛肉の量も通常の1.5倍となる肉増し(税抜100円)も注文できるのだ。さっそく最寄りのすたみな太郎に足を運んだ記者は、「超盛牛ドーン!」のご飯超盛と肉増し600円(税抜)を注文。


関連記事:松屋、牛丼屋の仮面を脱ぎ捨て「いま一番お得な焼肉屋」へと変貌遂げる

 

■吉野家の特盛と比較してみると…

すたみな太郎 比較

今回、吉野家の「牛丼 特盛」(税抜642円)も用意し、味や量の多さなどを比較してみることに。金額だけでいえば、吉野家が42円高いのだがはたして…。

すたみな太郎

まずは量の多さからということで、すたみな太郎の「超盛牛ドーン!」をはかりにのせると708gを計測。ご飯が360gなので、牛肉だけでもなかなかのボリュームである。

吉野家

吉野家の「牛丼 特盛」は500gを計測。これでも結構な量なのだが、すたみな太郎の700g超えの前ではどうしてもインパクトが弱くなってしまう。

次ページ
■気になる牛丼の味は…

この記事の画像(8枚)