「平成の三四郎」古賀稔彦さん死去 突然の訃報に秋山成勲も「悔しいです」

柔道の五輪金メダリストで「平成の三四郎」と呼ばれた古賀稔彦さんが53歳の若さで死去し悲しみの声が飛び交う。

2021/03/24 12:30

柔道着
(grapix/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級・金メダリストの古賀稔彦さんが、24日の朝に亡くなっていたことが分かった。享年53歳。



 

■「平成の三四郎」と呼ばれた金メダリスト

24日、柔道の金メダリストの古賀さんが、神奈川県川崎市の自宅で死去した。報道によると、古賀さんは、がんのため闘病をしていたとのこと。1992年、バルセロナ五輪で金メダルを獲得した古賀さんは、一本背負いが得意技であることから、「平成の三四郎」と呼ばれていた。

2000年に現役を引退してからは、日本代表のコーチや、岡山県の大学の総監督として活躍し、子供たちの指導を行うなど後進の育成に尽力していた。


関連記事:松屋の新メニュー、味は最高だが値段に違和感 「10年前」と比較して確信に変わる

 

■武井壮の呟きに「古賀さんですね」の声

古賀さんの訃報が伝えられた直後に、かねてより親交のあるタレントの武井壮が、「まさかまさかの急展開……」と、何かにショックを受けているような文言をツイート。

武井の呟きが古賀さんの訃報を指しているのかは明らかになっていないが、ファンからは「古賀さんが 信じられません」「古賀さん……ですね……ご冥福をお祈りします」というコメントが寄せられ、号泣している顔文字も見受けられる。


■秋山成勲や中野英雄も追悼ツイート

柔道を経て総合格闘家に転身した秋山成勲も、ツイッター上に、「柔道・古賀稔彦さん死去 53歳 2021年3月24日 古賀先輩!! 悔しいです、、、」と投稿し、悲しみの気持ちを吐露。

秋山の投稿に対して、俳優の中野英雄も、「残念ですね」とリプライしており、ネット上では芸能・スポーツ関係者やファンが次々に哀悼の意を表している。

・合わせて読みたい→固定電話を持つのはステータス? 田村淳の指摘に「納得」の声

(文/しらべぇ編集部・星子

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

訃報柔道武井壮古賀稔彦秋山成勲中野英雄
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング