仙台空港近くの火災で消防車両23台出動 目撃者・消防から現場状況を聞いた

現場では火柱が勢いよく、黒煙がモクモクと舞い上がり、爆発も発生

話題

2021/03/24 16:00

仙台空港・火災
(写真提供:こおろぎさん)

24日午後0時ごろ、宮城県岩沼市の仙台空港近くの廃タイヤ置き場で火災が発生し、黒煙が高く舞い上がった。しらべぇ取材班は、現場の状況を目撃者と消防から聞いた。



 

■消防車両23台出動中

あぶくま消防本部によると、午後0時3分に岩沼市下野郷三人谷地で「タイヤが燃えている」との119番通報が入った。消防車両23台(うち救急車1台)が出動し、午後1時半現在も消火活動にあたっている。

現場では、野積みされたタイヤから火柱が勢いよくあがり、黒煙が高く舞い上がっている。今のところ、けが人はいないという。

火災発生場所は、仙台空港から南におよそ2キロの場所にあり、岩沼東部環境センターのすぐそば。付近には大規模太陽光発電施設や工場などが立ち並んでいる。


関連記事:札幌市で消防21台出動の火災発生 現場状況を目撃者と消防に聞いた

 

■上空をヘリが数機

付近を通りがかったしばさんは、「午後1時ごろ現場を目撃しました。上空をヘリが2、3機飛んでいたと思います。煙にまきこまれなかったので、特に匂いは感じませんでした」と話す。

次ページ
■パンパンと爆発音も

この記事の画像(1枚)