月経のたびに目から出血 20代女性が極めて珍しい「ヘモラクリア」と診断

耐え難い痛みを伴い、子宮内膜組織が確認されるのであれば、それは子宮内膜症の扱いになるという。

2021/03/26 10:00


 

■混合型の経口避妊薬で治療

ゴーシュ博士は、女性にエストロゲン・プロゲステロン混合型の経口避妊薬を、3ヶ月にわたり服用してもらった。すると効果が確認されたという。

ただし、そうした薬は嘔吐、頭痛、抑うつ、睡眠障害などの原因でもあり、長年にわたり常用するとなると様々な問題も。深部静脈内血栓が生じるリスク、服用年数や本人の年齢によっては子宮頸がん、胆石、心臓発作のリスクも視野に入れ、各種の検査を定期的に受ける必要があるそうだ。


関連記事:子作り中の20代既婚女性に驚きの診断 精密検査で男性と判明

 

■子宮内膜症との違い

月経困難症のひとつである子宮内膜症。骨盤内や卵巣に生じることが多いが、ときには膀胱、へそ、肺、直腸や横隔膜など、本来あり得ない場所で子宮内膜組織が増殖し、月経の度にそこで出血が起きてしまう。

この女性の場合も、もしも強い痛みを伴い子宮内膜組織が確認されれば、ヘモラクリアではなく子宮内膜症の扱いになっていたそうだ。悪性ではないが視力に影響し、精神面でのショックも強いというヘモラクリア。緑内障が起きるリスクも高いという。

・合わせて読みたい→ドナーの新型コロナPCR検査は「偽陰性」 臓器移植中に執刀医が感染で患者も死亡

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

月経血液子宮内膜症女性ホルモン経口避妊薬翻訳記事ヘモラクリア血の涙エストロゲン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング