本日開幕のプロ野球、今季の変更点とは ネットでは感染拡大を心配する声も…

今年も例年とは違ったシーズンになりそうだ…。

スポーツ

2021/03/26 17:40

横浜スタジアム

本日開幕するプロ野球。昨シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて6月19日の開幕となったが、今シーズンは春季キャンプ、オープン戦と順調に消化し例年通りのスケジュールとなった。



 

■今シーズンは9回で打ち切り

大きな変更点として、政府や自治体の営業短縮要請を踏まえた措置で、延長戦は行わず9回で打ち切り。これにより引き分けの試合が増加することが予想されるので、投手の起用法など各球団の監督の采配にも注目が集まる。

また、昨シーズンは120試合に短縮されたが、今シーズンは例年通りの143試合に戻る。18試合の交流戦、各リーグ上位3球団によるクライマックスシリーズも開催する方針だ。


関連記事:コロナウイルスに感染したら謝罪は必要? 9割の意見は…

 

■各球団の観客数の上限は?

首都圏の1都3県に本拠地を構える5球団(巨人、ヤクルト、DeNA、ロッテ、西武)は、21日の緊急事態宣言解除を受けて、観客数の上限を5,000人から1万人に引き上げることに。

一足先に解除された愛知・関西・福岡に本拠地を構える4球団(中日、阪神、オリックス、ソフトバンク)も上限を1万人としている。そして、広島は1万6,500人、楽天は1万5,600人と収容人数の50%に設定。


■感染拡大を心配する声も

26日15時時点の東京都内の新型コロナウイルス新規感染者は376人、対前週比で111.2%の増加傾向。プロ野球で観客を入れることにより、感染拡大を心配する声もあがっていることも確か。

プロ野球開幕

そこでしらべぇ編集部は、公式ツイッターアカウントで「プロ野球開幕と新型コロナウイルスの感染拡大」についてのアンケートを実施したところ、全体の46.7%が「感染拡大が心配」と回答。観客同士のクラスター感染が発生せず、無事にシーズンが消化されてほしいところだ。

・合わせて読みたい→新型コロナウイルス感染者を責める風潮 7割が「おかしい」と批判的

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
方法:ツイッター調査
調査期間:2021年3月24日~2021年3月25日
対象:167票 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)