「犬の散歩に行け」と命令されガチギレ イケメンボディビルダーが両親を殺害

両親と同じ家で暮らしていた、30歳の男。しかし関係は良くなかったらしく、ある瞬間にいきなりキレてしまった。

社会

2021/03/28 04:30

ボディービルダー・ジム
(Ivan-balvan/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

同居する息子の暮らしぶりに、不満だった両親。そこで注意したところ、逆ギレされそろって殺されてしまったことを、『The Daily Star』などが報じた。



 

 

■両親との不和

イタリアのボルツァーノで暮らしていた30歳の男は、見た目は抜群。ハンサムで筋骨隆々なボディビルダーとして人気もあったが、教師として真面目に働いていた両親にとっては、理想的な息子ではなかった。

1月にも父親は「お前は失敗作だ」と男をなじり、それに腹を立てた男は「こいつをどうにかして黙らせたい」と殺意を抱くように。しばらくバスルームにこもって気持ちを落ち着かせ、その後はゲームをしながら眠りについた。


関連記事:「ごめんなさい」と謝る善良な10歳息子を絞殺 父親の理不尽すぎる殺害動機とは

 

■殺害に及んだ男

ぐっすり眠っていた男は、父親に「犬を散歩に連れて行け」と起こされ激怒。さらに「お前は家の手伝いも不十分だ」と叱られてカッとなり、ロープを手にして父親に襲いかかった。

そのままふたりは廊下でもみ合いになったが、若く力も強い男が父親をねじ伏せそのまま絞殺。母親も直後に帰宅したため、同じロープを首に巻きつけ一気に息の根を止めた。男はその後にふたりの遺体を川に運び、遺棄したという。

次ページ
■屈辱感に耐えられず?

この記事の画像(1枚)