勝俣州和、長ズボンでの聖火ランナー姿に驚きの声 「屈辱だったんじゃ…」

『アッコにおまかせ!』では栃木ブロック・第一区間を走る勝俣州和のユニフォーム姿に注目した。

テレビ

2021/03/28 13:20


 

■「貫いてほしかった」

ほとんどお目にかかることができない長ズボン姿とあり、視聴者からも「えー勝俣さん、ついに! これはレア」「そこは貫いてほしかった!」とさまざまな反響が。

ちなみに同じく番組準レギュラーのカンニング竹山は、「(ルール上、着ざるをえず)屈辱だったんじゃないですかね…」とコメントしていた。


関連記事:哀川翔、芸能界ケンカ最強ベスト5を公開 1位はVシネ常連の…

 

■半ズボン穿く理由は?

以前、自身が半ズボンを穿きつづける理由を『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で語っていた勝俣。それは「ピノキオに憧れたから」というもの。

ディズニーランドに行った際に、メインで踊るミッキーやミニーにはなれないが一番端で明るく踊っているピノキオにはなれる、とシンパシーを感じたようだ。

・合わせて読みたい→「知名度の割に登録者が少ない芸能人ユーチューバー」 鬼越トマホークの動画に反響

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太