不良娘の中学校に現れた母親が暴行事件 ボクシンググローブで無関係の生徒を殴打

被害に遭った女子生徒と容疑者の娘の間に、これまで接点はなかった。いじめ被害なども確認されていないという。

2021/03/30 20:35

ボクシング・グローブ・ボクシンググローブ・女性
(halfbottle/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

米国・フロリダ州で15日、娘の通う中学校で女子生徒に襲い掛かるなどした女が取り押さえられた。手にボクシングのグローブをはめていたことを、現地メディアの『NBC Miami』『First Coast News』などが報じている。



 

■暴力的な母親と娘

15日午後12時すぎ、米国・フロリダ州のデュバル郡ジャクソンビル市のデュポン中学(Dupont Middle School)で、ある母親が在校生の娘とともに女子生徒に暴力をふるうという事件が起きた。

通報を受け、デュバル郡教育委員会が配置した警備員が現場に急行。女の身柄を取り押さえ、警察に引き渡している。


関連記事:元生徒の男子たちへ卒業祝いか 47歳女教師が自身のわいせつ写真送り解雇

 

■教頭に素行の悪さを注意され…

女は34歳のエディス・リドル。2年生の娘が同校に通っており、事件当日の午前中、娘とともに学校の会議室に呼ばれ、日頃の素行の悪さや気性の荒さについて、教頭から注意を受けていた。

そして会議室を後にした親子はランチルームに向かい、1人の女子生徒に急襲。娘は素手で、母親はボクシングのグローブをはめた手で殴りつけたという。

次ページ
■「刑事告訴がふさわしい」
母親ボクシング中学校武器暴力PTA教頭翻訳記事ボクシンググローブ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング