高橋英樹、撮影で死にかけた体験を激白 「氷が張っている川で泳いで…」

俳優の高橋英樹が、撮影中に意識を失って死にかけた体験を告白。バナナマン・設楽統も思わず「いつの時代の撮影ですか!?」

2021/03/30 00:00

高橋英樹

29日放送の『FNSドラマ対抗 お宝映像アワード』(フジテレビ系)に、俳優の高橋英樹が出演。かつて、撮影で死にかけたという驚きのエピソードを明かした。



 

■川で溺れかけた過去が

フジテレビに眠る秘蔵映像の中から、過去の名作ドラマメイキングやNG映像を放出した同番組。高橋はスタジオゲストとして出演し、VTRの合間にコメントを述べていった。

その中で、司会のバナナマン・設楽統から、「なんでも、高橋さんは撮影中に川で溺れたことがあるそうで?」とのフリが。

高橋は「1月の末に、氷が張っている川で泳いだことがありまして…」と当時を振り返っていく。


関連記事:45周年迎える『徹子の部屋』 高橋英樹が“大先輩”を呼ぶもまさかの展開に

 

■一命をとりとめるも…

「泳いでるうちに自分でわかんなくなって。だんだん暗くなってきて」と詳しく語る高橋。なんと、寒い中での撮影で本当に溺れ、意識を失ってしまったのだという。

無事に一命をとりとめたそうだが、気付いたときは焚き火のそばで寝かされていたとのこと。さらに、体をより暖めるためか、「ブランデーをガバガバっと飲まされて…」という応急措置を施されたことも明かしていく。

スタッフから「大丈夫か?」と聞かれた高橋は、「大丈夫です」と意識が戻ったことをアピール。しかし、次の瞬間「じゃあもう1回行こう!」と投げかけられ、テイク2を撮らされたと激白した。


■若いほうが死にかけた体験が多いよう

「いつの時代の撮影ですか!?」と無茶なロケに驚く設楽に、高橋は「2度目は大丈夫でしたね」と返答。一歩間違えれば死にも繋がりかねない危険な撮影だが、当時はそれもまかり通っていたようだ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名に調査したところ、全体の29.3%が「死にかけた経験がある」と回答。性年代別に見ると、人生経験の浅い10代が男女とも最も多い意外な結果となった。

死にかけた

ベテラン俳優として、数々の作品に出演してきた高橋。歴史に残る名作の中には、こうした俳優たちの命がけのシーンがいくつもあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→高橋真麻が「夫との結婚決意した瞬間」とは 感銘受けた俳優からの助言も告白

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10~60代の男女1,789名(有効回答数)
テレビ事故バナナマン高橋英樹設楽統FNSドラマ対抗 お宝映像アワードお宝映像アワード
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング