蜷川実花、「生理用品を作りました」 斬新なデザインに驚く声も

蜷川実花がツイッターで自身が手掛けた生理用ナプキンを紹介し「気持ちが上向きになるようなデザイン」とコメント

2021/03/31 17:30

蜷川実花

写真家で映画監督の蜷川実花が、公式ツイッターを更新。自身が手掛けた生理用品を紹介し、斬新なデザインに注目が集まった。



 

■気持ちが上向きになるナプキン

蜷川は30日、ツイッター上に自身が手掛けた生理用ナプキンの画像を投稿し、「凄くかわいい生理用品を作りました。4/15発売です!」と告知。色鮮やかな花々がデザインされたパッケージには、「毎月の憂鬱な気分を少しでもやわらかくできたら」という願いが込められている。

従来のものより派手なイメージだが、蜷川いわく、「おうちにあるだけで、カバンに入っているだけで気持ちが上向きになるようなデザインになったのではないかと思います」とのことで、女性を中心に多くの反響が寄せられている。


関連記事:『グッとラック』生理用品特集に反響 田村淳「朝の生放送で話せる時代に」

 

■おしゃれすぎて「飾りたい」の声も

大王製紙の『エリス コンパクトガード』と、蜷川が手がけるブランド『M / mika ninagawa』のコラボレーションで誕生したナプキンは、15日より数量限定で販売予定。

外側の包装のみならず個包装にも花がプリントされており、あえて派手で「生理用品っぽくない」デザインにすることで、持ち運びしやすくするという意図があるとのこと。

蜷川のツイッターのリプ欄にも、斬新なデザインに驚く声とともに、「パケがこんなにもかわいいと持つのもテンションあがる」「こういうのが欲しかったんですよ!」「恥ずかしくなく、むしろ自慢したくなるアイテム」といった称賛が寄せられている。

次ページ
■男性に購入を頼みやすくなる?

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

生理用品生理用ナプキン蜷川実花エリス コンパクトガードエリス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング