木村拓哉は「台本持たず現場に」 スタジオジブリPが明かす『ハウル』収録秘話

『ハウルの動く城』で、声優を務めた木村拓哉。プロデューサー・鈴木敏夫氏は「台本を持たずにアフレコの現場にきて…」を秘話を明かす。

2021/04/03 00:45

木村拓哉

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが2日、スタジオジブリ公式ツイッターの“中の人”として、ファンからの質問に回答。2004年の作品『ハウルの動く城』で声優を務めた俳優・木村拓哉のエピソードも披露した。



 

■鈴木氏が秘話を明かす

この日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、同作を放送。これを受け、『金曜ロードショー』の公式ツイッターでは、スタジオジブリとのコラボ企画として、同作に関する質問を募集した。

回答するのは、ジブリ作品でプロデューサーを務める鈴木氏。「宮崎駿さんがハウルの動く城をやろうと思った理由はなんですか?」という質問に「本来動くはずのない城が動くのにチャレンジしたかったからです」と明かすなど、秘話を続々とファンに届けた。


関連記事:大ヒットする映画、タイトルに法則があった? 『鬼滅』の記録更新で再び話題に

 

■木村は「ドマニア」

その中には、初めて声優に挑戦し、魔法使い・ハウル役を務めた木村に関する質問も。ハウルの声に木村を起用した理由を問われると「ハウルの声は木村さん以外にありえませんでした。娘がいいと言いました」と返信。

収録の間、木村は「ずっとアニメについて話していました」といい「彼が好きなアニメは『サジタリウス』と『ニルスの不思議な旅』でした!かなりのドマニアでした(笑)」とアニメ好きな一面も明かした。


■台本なしで現場に

さらに、「木村拓哉さんのアフレコ時に印象的だったエピソード」を求められると「台本を持たずにアフレコの現場にきて、最後まで演じきったことです」と、プロデューサーだからこそ知っている裏話を告白した。

この収録秘話は特に反響が大きく、「すごすぎますね…ドラマでも普段からそういうスタイルなんでしょうね。かっこよ過ぎます」「さすがだとしか思えませんスーパースター!!」「どこまでも“キムタク”だし、期待を裏切らない人だよ」と木村のプロ意識の高さに感嘆するユーザーが続出している。

・合わせて読みたい→二宮和也、先輩・木村拓哉のオーラに圧倒 仲野太賀も「圧倒的にオーラが」

(文/しらべぇ編集部・RT

木村拓哉宮崎駿金曜ロードショースタジオジブリ鈴木敏夫ハウルの動く城アフレコ台本ハウル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング