小池百合子都知事、広告費批判したカンニング竹山に異例の猛抗議 山本太郎氏は竹山擁護

カンニング・竹山隆範の発言に抗議した東京都。しかし、れいわ新選組の山本太郎代表は小池百合子都知事を揶揄・批判した。

2021/04/03 07:30

小池百合子・竹山隆範

小池百合子・都知事がカンニング・竹山隆範に異例の猛抗議をしている。



 

■番組での発言をすぐ訂正

3月28日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で竹山は小池百合子・都知事が出演したYouTubeの広報動画について、「制作に4.7億円かかってるんですよ。全部じゃないけど、そのうちの一本に4.7億円の税金が使われている」と発言。

しかしその直後に、「4.7億円は動画制作費ではなく、広告費全体の経費でした」と事実関係について誤認があったと訂正し、「すみません」と謝った。


関連記事:れいわ新選組・山本太郎代表が半年ぶり会見で衆院選出馬を正式発表 都議選参戦も

 

■都はTBSと事務所に抗議

「4.7億円」とは昨年、緊急事態宣言が解除された5月から9月までに、都が計上した広告費の総額。動画製作やWeb広告、テレビ広告などに支出された。

ところが、竹山が番組で即訂正していたにもかかわらず、東京都は放送の翌日、TBSと竹山が所属する事務所・サンミュージックに抗議文を送った。制作費は1800万円だとの主張だ。

ネットでは「竹山は番組で正確な情報も付け加えた。それなのに、抗議するのは圧力では?」という声があがっている。

次ページ
■山本太郎氏は小池知事を揶揄

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

YouTubeTBSサンミュージック小池百合子山本太郎アッコにおまかせカンニング竹山竹山隆範れいわ新選組広告費
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング