警察が行方不明の家族を発見 遺体をゴミ袋に詰められた遺族に同情の声

愛する家族の失踪・死亡確認に続き、遺体を雑に扱われ、大きなショックを受けた人たちがいる。

2021/04/04 17:00

ゴミ袋
(germi_p/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

大事な人が亡くなると、遺族は「立派に送り出してあげたい」と思うものだ。しかしある遺体を当局があまりにもぞんざいに扱い、遺族の心をズタズタにしたことを、『The Sun』などが報じている。



 

 

■男性の失踪

2020年の春、メキシコで暮らしていた男性(30)が、家族に会うため実家に出かけた。しかしその際にトラブルに巻き込まれたとみられ、男性は失踪。行方が分からなくなった数カ月後には、男性の居場所を示すメモが送られるなど、大きな動きもあったという。

家族はすぐに警察に連絡しメモについて話したが、対応にあたった警官らは「犯行グループが金を巻き上げようとしている」と判断。「相手にせず、放置しておきなさい」と家族に伝えたという。


関連記事:失踪した美少女が木に縛られ遺体で発見 10代少年が関与自供も動機は黙秘

 

■ようやく見つかった遺体

その後、男性の家族は実家から車で4時間ほどの場所で遺骨を発見。変わり果てた姿になっていたものの遺体は確かに男性で、姿を消した日に身につけていた服を着たままだったという。

いったい誰が、何のために男性を殺害したのか。事件の詳細は分からないままだというが、『The Sun』は「誘拐され殺害された」と断定的に報じている。

次ページ
■ゴミ袋に詰められた遺体

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

警察失踪行方不明遺骨遺族解雇ゴミ袋遺体翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング