生後7ヶ月と3歳の我が子を同乗させ高速レース出場 血の気の多い父親を逮捕

事故を起こせば即死覚悟という大変危険なレース。家族を乗せ参加した父親に非難の声が止まらない。

社会

2021/04/05 09:30

スポーツカー・レース
(supergenijalac/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

アメリカのテキサス州で、ドラッグレースに参加した男が驚きの容疑で逮捕された。愛すべき大切な人々の命を何だと思っているのか、あまりにも愚かだと、現地メディアの『Click2Houston.com』や『FOX8』などが報じている。



 

■高速レースに幼児を乗せ出場

アメリカ・テキサス州ハリス郡で3月27日夕方、州道環状8号線のウェストレイク・パーク付近で行われた「ドラッグレース」に出場し、猛スピードで400m強を駆け抜けたドライバーが逮捕された。

そのドライバーとは、アタスコチータ在住のケビン・キンタローズ容疑者。同容疑者は、車の助手席に交際中の女性を乗せ、後部座席にはなんと3歳と生後7ヶ月の幼い子供二人を乗せていたのだ。


関連記事:40代のベビーシッターが6歳男児を殺害 現行法で追えないドラッグを摂取し「記憶なし」

 

■罪を重ねた容疑者

アメリカが発祥のドラッグレース(日本ではゼロヨンレースとも)は、2台の車が公道に並び、猛スピードで4分の1マイル(402m)の距離を競走する。もちろん違法行為だ。

さらに、キンタローズ容疑者は家族を乗せてドラッグレースに参加していた。子供たちの命を危険にさらした罪は極めて重いとして正式に起訴され、ハリス郡刑務所に収容された。保釈保証金は2,100ドル(日本円にして23万円強)に設定されたという。

次ページ
■ドラッグレースとは?

この記事の画像(1枚)