笠井信輔アナ、エビ中・安本彩花の悪性リンパ腫寛解に歓喜 「本当によかった」

フリーアナウンサーの笠井信輔が、自身と同じ悪性リンパ腫を患っていた私立恵比寿中学・安本彩花の寛解発表について語った。

エンタメ

2021/04/06 10:50

笠井信輔

5日、フリーアナウンサーの笠井信輔が、自身の公式ブログを更新。私立恵比寿中学・安本彩花の悪性リンパ腫寛解や、競泳・池江璃花子選手の白血病からの復帰についてつづり、ファンから反響を呼んでいる。



 

■「本当によかった」

この日、「エビ中安本さん!嬉しい…!」と題してブログを更新。

昨年10月から悪性リンパ腫の診断を受けて休養していた安本が、約5カ月の闘病生活を経て寛解したことを自身のインスタグラムで発表したことに触れ「本当によかった。心からおめでとうと言わせていただきたいです」と投稿した。


関連記事:笠井信輔アナ、悪性リンパ腫を患いながらも『徹子の部屋』に出演した理由

 

■「希望となりました」

続けて「その若さで“がん”と向き合うって、とてもつらかったと思います」とつづる。安本と何度か連絡し、応援メッセージを送っていたという笠井は、「いろいろと心細いこともあったようですが(あたりまえですね)…でも本当にがんばったと思います」としみじみ。

さらに、「安本さんは、池江さんと同じようにAYA世代と言う、若いがん患者の皆さんの希望となりました。素晴らしいです。がんサバイバーの私にとっては、とても嬉しい日となりました」とも。

次ページ
■「前を向いて」