秋田の小さな映画館看板がジブリ展デビュー 喜びあふれる館長を直撃

東京からの無料往復バスも大好評。秋田の映画館の快挙を追った。

話題

2021/04/07 16:30

御成座
(写真提供:御成座)

県外から移住してきた夫婦が、2014年に復活させた秋田県大館市にある映画館・御成座(秋田県大館市)。支援のためのクラウドファンディングを募集したところ、全国から約1千万円が集まり、見事な復活劇へとつながった。

今度はスタッフらによる自作のジブリ看板が、東京銀座で行われる『アニメージュとジブリ展』への展示が決まった。



 

■ジブリ作品を連続上映

御成座では昨年10月16日から11月5日まで『風の谷のナウシカ』と『ゲド戦記』を、11月6日から11月29日まで『千と千尋の神隠し』と『もののけ姫』の上映した。

御成座
(写真提供:御成座)

関連記事:歯科医院前に『鬼滅の八重歯』が出現 「無限歯痛地獄」だけは陥ってはいけない

 

■無料往復バスも大好評

週末には東京から無料往復バスも運行し、そのバスも毎回満席になるなど、全国のジブリファンから大いに喜ばれた。館長は「上映が終了したかなり後の12月28日にも、『3人で行きたいので予約をお願いします』との連絡が入った」と苦笑い。

御成座
(写真提供:御成座)

その上映期間中、館の外に飾っていたジブリ看板が、4月15日から銀座松屋で開催されるジブリ展でデビューを飾る。

次ページ
■看板絵師がボランティアで制作

この記事の画像(1枚)