橋田壽賀子さんを植草克秀が改めて追悼 「ちゃんと感謝を伝えられたらよかった」

橋田壽賀子さんの訃報にショックを受けていた渡鬼ファミリー・植草克秀が、2日経ってから改めて追悼コメント。

エンタメ

2021/04/07 19:00

橋田壽賀子

俳優の植草克秀が、7日に自身のツイッターを更新。4日に亡くなったことが報じられた脚本家・橋田壽賀子さんへ改めて追悼の意を表した。



 

■ショックを受けていた植草

橋田さんの訃報は5日に報じられ、芸能界からも続々とその死を惜しむ声が。

橋田さんの代表作『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)シリーズに長年出演していた植草も、ツイッターに「渡る世間は鬼ばかりは自分の人生の中でもとても大きな仕事で、先生と一緒にやってこれて本当に感謝しかありません」などと追悼メッセージをつづっていた


関連記事:えなりかずき、8年ぶりブログで橋田壽賀子さんへの思い語る 「天国でも創作活動を」

 

■気持ちを整理して再び追悼

一方、同ツイートには「あまりの急なことに今はまだ嘘ではないかと思う気持ちです」「すいません、ショックでまだうまくまとめられません」など、ショックの大きさをうかがわせる文面が目立つ。

植草本人も動揺を自覚していたのか、2日経った7日午後に「今読み返すと気持ちが動揺していたから一昨日の文章おかしいよね」と再び橋田さんの訃報に言及したのだった。


■フォロワーから心中を察する声

改めて、橋田さんへの思いを「もっと落ち着いてちゃんと感謝を伝えられたらよかったのに、日本語を大切にしていた橋田先生に対して恥ずかしいな」とつづった植草。

最後は「僕は渡る世間の本間英作を生きることが出来て本当に幸せでした。橋田先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます」と、『渡鬼』と橋田さんへの感謝で締めている。

この植草の律儀さに、フォロワーからは「素直な気持ちが理解できました。何もおかしくないです」「動揺するのは当たり前だよ。視聴者の私でさえもショックだったんだから」「読み返してみて、もう一度お悔やみの言葉を伝えられるかっちゃんは大人です」といった声が寄せられた。

・合わせて読みたい→日本を代表するホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり』 好きな人が語る魅力とは

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太