『ZIP!』聖火ランナーになると貰えるモノ 吉田沙保里も「かわいかった」

地元の三重県で聖火ランナーを務めた吉田沙保里。番組では、聖火ランナーが貰えるものや、購入できる記念品などの情報も紹介された。

テレビ

2021/04/08 12:15


 

■聖火ランナーが貰えるモノ

吉田の凱旋聖火リレーを振り返る中で、番組では「追加情報」も紹介された。

聖火を灯すトーチは、ランナーが希望すれば購入することもできるそうで、価格は7万1,940円ほど。また、走るときに着用するユニフォームはランナーにプレゼントされるそうで、「ユニフォームはいただけました。デザインもかわいかった」と吉田。

ちなみに、東京五輪・パラリンピック2020オフィシャルオンラインショップでは、税込み1,980円で「ミニチュアトーチ」なるものも販売されている。


関連記事:キャイ~ン天野、聖火リレーへの感慨語る 「あんなに短く感じる200メートルはない」

 

■沿道の“密状態”には懸念の声も

地元への感謝の思いを伝えるために走ったという吉田のコメントには、多くの反響が寄せられているものの、番組内で放送された聖火リレーの映像では、ランナーをひと目見ようと、沿道に大勢の観客が集まり、過密状態になっている様子が映っていた。

そのため、インターネット上では「聖火リレーすごい密密密だな」「観客めっちゃ密やん」「走るのは良い。けど、イベントとして今あんなに人集めるの?」といった声も目立っている。

・合わせて読みたい→聖火辞退リレー止まらず福島県の斎藤工も 県民は「走る予定だったと初めて知った」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい