いきなりステーキ、マジにウマい「極厚肉塊」 一方で釈然としない問題点も

いきなりステーキに、すこぶる評判がいい新メニューが登場している。しかし問題点もあり…

全国に展開しているステーキチェーン「いきなりステーキ」。

第1号店である銀座4丁目店の閉店など最近は暗いニュースが先行しがちだが、一方で3月1日から提供が開始された「ウルグアイ産ステーキ」の評判はすこぶる良く、もしかすると起死回生の一品になるのかも…。


画像をもっと見る

 

■昨年登場した限定メニュー

いきなりステーキ

「ウルグアイ産ステーキ」は、2020年に一部店舗で数量限定メニューとして誕生。社長自らウルグアイで品質視察したという触れ込みで紹介され、分厚い肉のフォルムが特徴的だった。

その後一旦姿を消し、満を持して今年3月1日提供エリアを拡大し再販されたという経緯がある。


関連記事:「いきなりステーキ」期間限定の新業態が話題 現場で判明した注意点も

 

■ネットでは高評価

いきなりステーキ

ネットでは「脂身部分にも程よく火が入り、マジに旨い」「相当ハイレベル」「柔らかくて美味しい」とこれまでないほど高く評価するファンの声が上がっており、記者の琴線にもだいぶ触れた。

早速店に行き、ウルグアイ産リブロースステーキ160g(税込1,408円)を注文。

店頭ポスターに「これが特厚肉塊だ!」というキャッチフレーズが記載されていたよう、たしかに見た目は普段の肉より厚みがあり、肉の断面からはジューシーさが伝わってくる。またデフォルトでにんにくチップがどっさり乗っているのもだいぶ好印象だ。

次ページ
■脂と醤油がマッチし…

この記事の画像(3枚)