ゴミに埋もれ死亡した女性がミイラで発見 悲劇的な死に家族は悲痛の声

捨てることが苦手だった女性が、悲しい出来事でふさぎ込むように。ついにはゴミに埋もれて息を引き取った。

社会

2021/04/11 05:30

ゴミ・ゴミ屋敷
(Del Henderson Jr/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

美術監督などとして働いた経歴もある女性が、あまりにも悲しい最期の瞬間を迎えてしまった。ミイラ化するまで誰にも発見されなかったことを、『New York Post』など海外メディアが報じている。



 

■母親の死に打撃

米国・ニューヨークで暮らしていた女性(66)は、アートの分野で才能を発揮。数年前までテレビ番組や映画制作などにも関わっていたが、2020年春に母親が死亡したことで、精神的に不安定になったようだ。

同女性は、この頃からひどい鬱状態に。昔から物を捨てるのが苦手だったというが、さらに多くの物を自宅に持ち込み、溜め込むようになっていた。


関連記事:持ち去った大量の少女の遺体を着せ替え人形にした50代男 謝罪命令にも反省の色なし

 

■心配した家族

隣人が心配するほど引きこもりがちになり、外見も変化し病的になったという女性。妹(60)も連絡が途絶えたことを気にして、女性宅を訪れた。

すると女性宅とその敷地にはゴミや物が散乱していたため、妹はとりあえずプロの清掃業者に連絡。徹底的な片付けと掃除を任せることにした。

次ページ
■発見された遺体

この記事の画像(1枚)