「超うざいアジア人」とオーダー票に印字したカフェ 店主も悪ノリしSNSが大炎上

新型コロナウイルスのパンデミックにより、海外では「敵視されている」と感じてしまう東洋人が増えている。

社会

2021/04/11 04:30

カフェ・オーダー・店員・客
(Drazen Zigic/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

オーストラリアにあるカフェから、とんだ人種差別の話題が飛び出した。海外では東洋人に対するヘイトクライムの頻発が問題になっているが、そうした要素を十分に感じさせるものであることを、『NEW YORK POST』『Mirror』『The Sun』ほか英米の多数のメディアが次々と報じている。



 

■オーダー票を店主が撮影

大勢の人が日常的に利用する場所で、なぜこのようなあからさまな人種差別が起きてしまうのだろうか。“事件”はオーストラリア・クイーンズランド州のブリスベンにあるカフェから伝えられた。

4月2日の昼、カウンターのスタッフがキッチンに伝えたオーダー票を、店主が「面白い」として撮影し、写真をスナップチャットでシェア。それがSNSにも流出してアジア系、特に東洋系の人々を「まるで面白くない」と激怒させている。


関連記事:自分好みにマシマシできる「デカ盛りパフェ?」が話題 店主のこだわりを直撃

 

■店主も人種差別主義者

問題のオーダー票には、顧客の情報を入力する部分に、大きな文字で「Two very annoying Asians(超うざいアジア人2名)」と印字されていた。店を出た客に「よくしゃべるうるさい客だった」などと陰口を叩くのではなく、入店して注文しただけの客に対する悪口だった。

また、店主はスナップチャットで笑う絵文字を3つも添え、「オーマイガッ。こういうスタッフ大好きだよ」といたずらを絶賛していた。どうやら店主も人種差別主義者だったようだ。

次ページ
■「管理職の間では常識です」

この記事の画像(1枚)