三度の心停止を乗り越えた女性 臨死体験をTikTokで告白し話題沸騰

死にかけては、回復する。それを何度か繰り返した女性が見た光景とは…。

話題

2021/04/11 16:00

病気 ベッド 病院
(Pornpak Khunatorn/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

世の中には、「死に瀕し、不思議な経験をして戻ってきた」という人たちがいる。過去に何度も死にかけた女性も、なんとも不思議な臨死体験をしたという。その内容や周囲の反応を、『LADbible』などが報じている。



 

■TikTokで語った過去

海外のあるTikTokユーザーが、興味深い動画を公開し大きな話題を集めている。この女性は、かつて心臓の病気を患い、医師団も治療には苦労していた。

これまで何度か発作を起こし、心臓が三度も止まったことがあるという。そして、そのたびに経験したという臨死体験について、女性が動画で詳細を語った。


関連記事:モノマネ芸人の誇張しすぎたネタ イラッとした経験ある?

 

■不思議な経験

「まるで、体から飛び出したような感じがしたの」。そう告白した女性は、「白い光と自分の姿しか見えなかった」「まるで時間そのものがゆっくり流れている感じ」「スローモーションで動きながら、光に向かって移動している感覚がした」とも語っている。

さらに「自分の体を見下ろしながら、『うわ…これってクレイジーだわ』なんて感じていた」「あの気持ちは今もはっきり覚えているわ」と、手術中に心臓が停止したときも同じ経験をしたと明かした。

次ページ
■周囲の反応

この記事の画像(2枚)