女性の20人に1人が子宮に奇形あり 2つの膣を隔てる壁を切除する例も

婦人科健診、不妊症、習慣流産の検査で、発見されることがある子宮の奇形。全女性にとって他人事ではない。

話題

2021/04/12 19:00

女性・腹痛
(sopradit/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

長いこと気づかずにいた、自分の体に関する驚きの秘密。ある女性がTikTokで「膣が2つあったんです」と告白し、大きな関心を集めていることを『NEW YORK POST』などが伝えた。



 

 

■告白に54万超の「いいね」

TikTokのアカウント「britsburg」で、自身の秘密を打ち明けたブリタニー・ジェイコブズさん。25歳で出産を経験した際、看護師からやんわりと「あなたは膣が2つあるわね」と告げられたそうだ。

ブリタニーさんは出産がスムーズに進むよう、狭い膣を二分している中隔(壁)を取り払う手術を受け、第1子を無事出産。産後、医師から膣ばかりか子宮頸部、子宮がそれぞれ2つずつある「完全重複子宮」と説明され、片方の子宮で妊娠していたことを知らされたという。


関連記事:子宮頸がん、知らなかったという理由で死なないで 広告制作した女性コピーライターに聞いた

 

■月に二度のキツい生理

ブリタニーさんは、体の奥深くや陰部に起きていた奇形など知る由もなかった。しかし長年にわたり、じつは何かがおかしいという違和感を抱いていた。

毎月二度も起こる生理はあまりにも出血量が多く、激しい痛みで「月経困難症」と診断され、弱り果てていた。医師から、子宮の奇形のため月経血がスムーズに排泄されず、子宮が強い収縮を起こしていたのだろうとの説明を受け、「すべてが腑に落ちた」という。第2子は安産だったそうだ。

次ページ
■5%の女性に子宮の奇形

この記事の画像(1枚)