丸亀製麺、4月13日から発売される“お弁当”がスゴすぎ 発想の天才…

店内飲食、テイクアウトに次ぐ第3の選択肢! ご飯の代わりに「うどん」が入ったお弁当が登場

2021/04/12 05:30

丸亀製麺

新しい生活様式が求められるようになってから早1年が過ぎ、外食産業にも大きな変化がもたらされた。

こうした状況下においても、全店で手作りした打ち立てのうどんをリーズナブルな価格で提供し続けてきた丸亀製麺から、新たに「お弁当」が発売される。


画像をもっと見る

 

■のり弁…ではなく「うどん弁当」

丸亀製麺・うどん弁当

店内飲食、テイクアウトに次ぐ新たな外食の選択肢として同社が13日より発売するのは、卵焼きやきんぴらごぼうといった定番のおかずと天ぷらが一緒になった「うどん弁当」。

従来のテイクアウト商品に比べ、より持ち運びしやすい点も特徴で、だしも袋に入っているためこぼれる心配もなく、テーブルがないような公園や、デスク、差し入れ時の複数買いにも対応できる。


関連記事:丸亀製麺、3月31日までに「きつねうどん」を食べておきたい理由2つ

 

■390円から、値段もお手頃

うどん弁当
(2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当/390円)

お弁当用の容器に詰められたビジュアルは、どこか「のり弁当」を彷彿とさせ、親しみやすい。何より、「ご飯の代わりにうどんが入っている」という発想に惹かれてしまう。

うどん弁当
(3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当/490円)

「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」が税込み390円からとお手頃価格。13日から発売されるうどん弁当は全4種で、そのときの気分に合わせて選ぶことができる。

次ページ
■170円もお得になっているお弁当も

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

弁当天ぷら丸亀製麺テイクアウトおかず新しい生活様式うどん弁当
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング