市川海老蔵、一般人からのつきまとい被害を報告 「しまいには触ってきて…」

公園で様々な人と出会い、交流を楽しんでいた市川海老蔵。しかしその夜、ジムで散々な目に…。

2021/04/12 18:15

市川海老蔵

歌舞伎俳優の市川海老蔵が12日、自身の公式ブログを更新。一部ファンによる迷惑行為をつづった。



 

■ジムのお風呂場で

公園を訪れた海老蔵。テニスボールでリフティングをする怪しげな男性に興味を持ち話しかけたところ、モチベーションを上げるためテニスボールを使って運動していると教えてくれたという。男性との会話に感銘をうけた海老蔵は次に太鼓を叩く人と出会い、太鼓の上達度について会話を楽しんだそうだ。

「すてきな出会い」と気をよくした海老蔵だが、その夜に行ったジムでは、“自称・神父”を名乗る一般人に風呂場までつきまとわれたという。その行為は複数回にもおよび、やがてエスカレートして海老蔵の体を触ってきたよう。


関連記事:市川海老蔵、思わず泣きそうになった サラリーマン男性からのひと言

 

■「最初からスナや!」

「私は微妙に切れましたね」と内面では「ガチギレ」したが表にはあまり出さずに対応したという海老蔵。「ありえないよね。でも一応神父らしくすげー丁寧に謝られました。それなら最初からスナや!」ともつづっている。

さらにその後、酔っ払いの男性にも絡まれ、写真撮影を要求されたという。昔は快く撮影に応じたが、今は「身元のわからない方と写真撮るとね、何があるかわからないから遠慮しています」と撮影を断ったことも説明した。


■「最低限のマナーを守って」と苦言

さまざまな出会いを紹介した投稿にはファンから「ジムでは散々でしたね」「有名な方はいろいろな人がよってきますから大変ですね」と同情的なコメントが寄せられた。中にはジムのスタッフに報告したほうがいいとアドバイスする人も。

自称神父や酔っ払いなどさまざまな人との交流を紹介した海老蔵。ブログの最後には「最低限のマナーを守ってくれていれば」と改めて苦言を呈した。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、長男・勸玄の葛藤に思い巡らす 「弾けてしまった」理由とは?

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

ブログ交流ジム市川海老蔵酔っ払い
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング