ファミリーマートが“1円”の問題でお詫び 「誠実さを感じる…」

ファミリーマートが謝罪。何が起きたのかというと……律儀な対応が注目を集めている。

話題

2021/04/14 13:35

ファミリーマート

13日、ファミリーマートが一部商品のパッケージに表示されていた商品価格に誤りがあったとして、謝罪。律儀な対応がインターネット上で注目を集めている。



 

■サンドイッチの価格表示に誤り

同日、同社は公式ページに「商品に関するお詫びとお知らせ」を掲載。

「山崎製パン株式会社が製造し、北海道の一部店舗において2021年4月13日(火)に販売された『ミックスサンド』239円(税込258円)の一部に、商品パッケージに記載されている商品価格に誤りがあることが判明いたしました」と説明し、謝罪した。


関連記事:洋菓子メーカーの「アウトレット店舗」がお得すぎ 100円以下スイーツずらり

 

■1円安く…返金対応

当該商品「ミックスサンド」の正規価格は「239円(税込258円)」なのだが、一部で「238円(税込257円)」と、1円ほど安く表示されてしまっていたという。

同社は、当該商品または購入レシートを店舗まで持参した場合に返金に応じる対応を取っており、「お客様には、多大なご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げますと共に、メーカーを含め再発防止に向け、管理体制の一層の強化に努めてまいります」とコメントしている。


■ネット「誠実さを感じる」

わずか1円の誤表記を謝罪し返金にも応じる同社の対応に、インターネット上では「誠実さというものを感じますね…」「たった1円で、気づいた人が少ないかもしれないが、危機管理のお手本のような対応。見習いたい」など多くの反響が。

中には「1円の差で簡単に信用を喪失する。つまり額面金額以上の損失がある」「たかが1円…されど1円ですね」というコメントや、返金対応については「自分なら返金して! って言いに行かないなぁ」「店員の危険手当にでもあててくれ…」などの意見もつぶやかれている。

・合わせて読みたい→ニトリ、珪藻土商品の相談カウンターは年末年始も対応 回収方法まとめ

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい