生見愛瑠、『WHITE graph』で等身大の女の子 「なんだかめるるじゃない」

「めるる」こと生見愛瑠が、5月14日発売のビジュアル誌『WHITE graph 006』で初の26ページ撮り下ろしに挑戦。

生見愛瑠

「めるる」ことモデルの生見愛瑠が、5月14日発売のビジュアル誌『WHITE graph 006』(講談社)に登場することがわかった。



 

■初の26ページ撮り下ろしに挑戦

同誌は、話題の女性を写真集のクオリティとボリュームで特集するバズガールズマガジン。今号のコンセプトは、「シンデレラ」となっていて、これからのエンタメ業界の未来を担うフレッシュな世代の注目株にフォーカスしている。

そして、『CanCam』専属モデルで、いまやモデル、タレントとしてテレビや雑誌で大活躍中の生見が、初の26ページ撮り下ろしに挑戦した。


関連記事:ミキ・昴生の生見愛瑠への行為に博多大吉もドン引き 「しばらくミキで笑えない」

 

■とても無邪気でかわいい19歳

撮影中は、「なんだかめるるじゃないみたい!」とスタッフから何度も声が上がるほど、いつもテレビで見ているヘアピンがアクセントの”さらさらヘア+ぱっつん前髪”の彼女ではなく、とても無邪気でかわいい19歳の等身大の女の子だったという。

その上、撮影後のインタビューでの発言は、10代とは思えない客観性、度胸、賢さに感嘆。読み応え満点のインタビューも必見だ。なお、彼女のサインが入ったチェキを抽選で3名にプレゼントする企画も実施される。

・合わせて読みたい→日テレ局内に「人見知り専用トイレ」が存在 めるるの告白に驚きの声

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)