恋人のFacebookに男性からの「いいね」で嫉妬 度重なる暴力を振るった男を逮捕

抵抗すれば、殺されていたかもしれない気性の荒い彼氏。この被害者女性は、幸いにも命は無事だった。

社会

2021/04/17 07:00


 

■暴力を受けている人の勇気に

女性への激しい暴行および器物破損など、全ての容疑を認めたドブ容疑者には、懲役12ヶ月の実刑判決が下った。

この事件を担当した警察のメリーゴールド氏は、「家庭内暴力はとても深刻な問題です。この裁判が家庭内暴力に苦しみ、助けを求めている人々に勇気を与えることを願っています」と話している。


関連記事:VOGUEモデルの26歳美女が横柄すぎる夫を刺殺 ナンパ女性お持ち帰りに激怒か

 

■男性ほど恋人の友達に嫉妬

しらべぇ編集部が全国20〜60代の恋愛経験がある男女1,038名を対象に調査を実施したところ、「恋人の友達に嫉妬したことがある」と答えた人は全体の21.7%。20代男性が37.1%とトップになるなど、女性より男性のほうが、また、男女とも若いほど高い割合を示しているようだ。

友達の恋人に嫉妬した経験者の割合

怒ったり嫉妬したりすると、ドブ容疑者のように暴力という歪んだ形で表に出す例もある。激しい嫉妬を「愛されている証拠」と勘違いしてはならないようだ。

・合わせて読みたい→獰猛なピットブルとの死闘に勝利したせいで… 30代男が動物虐待致死容疑で逮捕

(文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の恋愛経験がある男女1,038名(有効回答数)