鷲見玲奈、人生をあきらめた理由に注目集まる アンタ・山崎も驚き

『酒のツマミになる話』では鷲見アナが「玲奈」という名前にネガティブな言及。話題になっている。

2021/04/17 04:25

人志松本の酒のツマミになる話
(©フジテレビ)

16日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、フリーアナウンサー・鷲見玲奈が出演。自身の名前に関わるネガティブな言及に、スタジオからは驚きの声が上がった。



 

■子供の名前はどう決める?

実際にお酒を飲みながら、ざっくばらんにトークをしていく同企画。今回盛り上がったのは「ペットや子供の名前はどう決める?」という内容だ。

テーマを提案したシソンヌ・長谷川忍が、自身の飼い猫に「家電の名前をつけたい」と思い立ち、「リモコン」「エアコン」「コピー」とさまざまに考えていったという話で笑いを誘う中、鷲見は自身の「玲奈」という名前に言及する。


関連記事:鷲見玲奈、クリスマスに牛丼でクリぼっちディナー フォロワーからは大反響

 

■「ダメだと思って…」

幼いころに観た番組で、「女の子はひらがなにしたときに、名前が丸っこいほうが優しい子になる」という知識を得たという鷲見。そこで、「玲奈」を「れいな」に変換してみたという。

字面を見たときに「カクカクだ…」と感じてしまい、その瞬間あまりのショックに「ダメだと思ってあきらめました、人生を」という心境になってしまったそうだ。

次ページ
■「感受性豊かすぎ」

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

テレビ人生名前アナウンサー山崎弘也シソンヌ鷲見玲奈酒のツマミになる話長谷川忍
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング