在宅勤務中に分娩開始 赤ちゃんを取り上げた夫に妻は惚れ惚れ

出産はまだ先。そう思っていたのにいきなり産気づいた妻に、しっかり者の夫が寄り添った。

2021/04/18 17:30

陣痛・出産・自宅出産・夫婦
(Antonio_Diaz/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

いきなり妻の股から赤ちゃんの頭が出てきたとしたら…。まさかの事態に驚きつつも立派に立ち会いお産を介助した夫について、シンガポールの『AsiaOne』などが報じた。



 

■始まった陣痛

シンガポールで公務員として働くある女性(35)は、第二子の出産を控え、在宅ワークに励む日々を過ごしていた。12日の早朝には腹が痛くなり陣痛を疑ったが、第一子の出産には7時間もかかったことから、とりあえずは自宅で様子を見ながら待機することにしたのだという。

痛みはあったものの、しばらくは仕事もこなせたこの女性。だが仕事関係のメールを送信した直後に、思いもよらぬ事が起きた。


関連記事:引っ張った赤ちゃんの頭が分娩室の床を転がり… 小さな命への医療過誤が発生

 

■頭が出てきて焦った妻

メール送信直後に、女性はなんと破水。そこでトイレに駆け込んだところ、赤ちゃんの頭が少しだが飛び出した状態になっていたのだという。

これには家にいた夫(38)もさすがに慌て、すぐに救急車を呼ぶことに。しかし赤ちゃんはすでに生まれかけていたため、夫は大量のタオル、そして水を入れた手おけを用意しトイレに急行。電話で対応にあたった救急医療隊員の指示に従い、お産を介助することを決意した。

次ページ
■頼もしい夫の見事な介助

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

夫婦出産在宅勤務在宅ワーク介助陣痛分娩破水自宅出産翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング