Facebook・ザッカーバーグ氏、会社力で命のリスク管理 昨年の警備費用は25億円超

マーク・ザッカーバーグ氏は、過激派テロ組織や国内のアンチからも命を狙われている…?

話題

2021/04/18 04:00

Facebook・スマートフォン
(Sushiman/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

Facebookが、共同創設者でCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグ氏の自宅および身辺の保護のため、昨年には警備費として約2,340万ドルという巨額を投じていたことがわかった。『NEW YORK POST』『Business Standard』などの海外メディアが伝えている。



 

■25億円超の警備費用

9日、Facebookは株主総会を前に、役員の状況や給与・賞与などの情報、経営に関する情報を盛り込んだ委任状(Proxy Statement)を、米国証券取引委員会(SEC)に提出した。

そこでひと際目を引いたのが、ザッカーバーグ氏に関わる警備費用。2020年の1年間に約2,340万ドル、日本円にして約25億4,000万円もの額が、彼と彼の家族を守ることに充てられたというのだ。


関連記事:婚約指輪を贈るも心移りし浮気に窃盗 セコい事件を次々起こした男が逃走中

 

■8兆円を超える資産

世界第5位のビリオネアとして、全米に10軒もの豪邸やプライベートジェットを所有し、日本円にして8兆円を超える資産を誇るザッカーバーグ氏。

彼は、ハーバード時代からの交際で結ばれた小児科医のプリシラ・チャンさんと2人の娘とともに、サンフランシスコのパロアルトに暮らしている。

警備費用約2,340万ドルの内訳は、ザッカーバーグ氏個人が1,340万ドル、そして妻子の3人が1,000万ドル。資産から命まで、また日常生活から旅行先まで、万全の対策が取られているという。

次ページ
■多くが知る自宅の住所