アグネス・チャン、米国在住の息子3人のワクチン接種を報告 「あとは日本のパパだけ」

自身の台湾での新型コロナウイルスのワクチン接種に続き、息子もアメリカで接種。アグネスは「後はパパが日本で接種すれば…」と語る。

エンタメ

2021/04/18 12:45

アグネス・チャン

18日、歌手のアグネス・チャンが自身の公式ブログを更新し、アメリカ・カリフォルニア州在住の3人の息子が新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを報告した。



 

■あとは日本のパパだけ

アグネスは、14日のブログで自身が新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを明かし、接種後の経過について語っていたが、この日更新したブログでは、カリフォルニアに住む3人の息子も無事接種したことを報告した。

長男夫婦と次男が1回目の接種を終え、食品会社に務める三男は、早めに1回目の接種を済ませて、もうすぐ2回めの接種とのこと。「後はパパが日本で接種すればひと安心です」と語るアグネス。


関連記事:『とくダネ』コロナワクチンの副作用を特集 小倉智昭は「率先して受けたい」

 

■ワクチン接種済みパスポートがあれば

今回の接種をうけて、アグネスは「『ワクチン接種した人がのパスポートが出来るといいですね。そうすれば、旅行が出来る! 早く日本に行きたい!』と香港の友達の多くは言ってます」と語る。

「ワクチンパスポートが有れば、行動が制限されずにすみます」「息子達も隔離無しで帰国できます」「期待したいですね」と、離れ離れになった家族と自由に行き来できる日が来ることを願ってブログを締めくくっている。


■3人とも名門スタンフォード大へ

アグネスといえば、3人の息子が皆アメリカの一流大学であるスタンフォード大学を卒業しており、2016年に出版された『スタンフォード大に三人の息子を合格させた 50の教育法』(朝日新聞出版)が話題となった。

自身もスタンフォード大学大学院教育学博士課程を終了し、1994年の論文で同大学より博士号が授与されるなど、教育への造詣も深いアグネスの思いを、息子たちはしっかりと受け取り花開かせた。

そんな、アメリカで活躍する自慢の息子たちと彼女が自由に行き来できる日が1日でも早く訪れることを願いたい。

・合わせて読みたい→新型コロナワクチン“副反応”などの実態とは 接種した米国在住日本人医師に聞いた

(文/しらべぇ編集部・ゆきのすけ