「太ったら許さない」と我が子を厳重管理 激しい運動を強要した父親に実刑判決

運動オタク、健康オタクの父親の厳しすぎる子育ては、「強迫観念」以外の何ものでもなかった。

社会

2021/04/20 14:50

体重計
(kzenon/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

健康に自信があり、体を鍛えることに余念がなく、常に傲慢だった父親。イギリスでこのほど、実の娘に日々激しい運動を強いたうえ、摂食障害にさせたとして起訴されていた56歳の父親に対し、有罪判決が下った。『Metro』『Mirror』などが報じている。



 

■運動オタクの父親

事件の舞台となったのは、イギリスが誇るウィンザー城があることで知られるバークシャー州のウィンザー。ここに暮らしていたラシド・カードラ被告(現在56歳)は、日々各種のトレーニングを欠かさない運動オタクだった。

長男カリムさん、長女アミラさん、次男ヒッチャムさんという3人の我が子に対しても、幼い頃から日常的に「太ってはならない。運動しなければならない。健康を維持しなければならない」と説教していたことがわかっている。


関連記事:16歳の妹を妊娠させ子供を産ませた兄 下されたのはわずか32ヶ月の実刑判決

 

■従わないと暴力も

ラシド被告はやがて子供たちに対し、食事や間食の厳しい監視、週1度の体重測定、運動を強要するように。

さらにインターネットや携帯電話の使用についても、すべてを父親である自分が管理し、言うことを聞かなければ、殴る、首を絞める、イスを投げつけるなどの激しい暴力を振るった。

好きなものを食べたがった娘のアミラさんに対し、特に態度が厳しかったラシド被告。2012年には「死ぬ覚悟で運動します。私は決して太らないと誓います」という誓約書を作成し、アミラさんに署名させた。

次ページ
■子供の心身に次々と異変