引き分けを挟んで8連敗中のDeNA それでもファンから肯定的な意見が多いワケ

2試合連続引き分けで連敗が止まらないDeNA。それでもチーム状態は確実に上昇しているようだ。

スポーツ

2021/04/21 19:30

横浜DeNAベイスターズは20日、本拠地・横浜スタジアムで中日ドラゴンズにスコアレスドロー。2試合連続の引き分けで連敗ストップとはならなかった。



 

■完封リレーを完成させるも…

横浜DeNAベイスターズ・大貫晋一投手

先発の大貫晋一投手は何度かピンチを迎えながらも要所を抑え、7回6安打1四球無失点の好投をみせる。8、9回を託された山崎康晃投手、三嶋一輝投手も無失点で完封リレーを完成。

しかし打撃陣が中日のエース大野雄大投手、抑えのライデル・マルティネス投手を打ち崩せず、チームは3安打無得点。4回1アウト1、3塁のチャンスを生かせなかったことが大きく響いてしまった。


関連記事:リーグ最下位のDeNAが勝ちきれない理由 リーグワーストのある指標にあった

 

■勝ちパターンは確立されてきた

横浜DeNAベイスターズ・三嶋一輝投手

チーム防御率が4.69(4月20日時点)でリーグ最下位のDeNAだが、ここ数試合は形になっている。8回を投げる山崎投手は6試合連続無失点、抑えの三嶋投手は8試合連続無失点を記録しており、勝ちパターンは確立されてきた。

さらには、20日1軍に合流したエドウィン・エスコバー投手が試合で投げ始めれば、中継ぎの体制は固まるのだ。あとは、ここ10試合で13得点の打撃陣の奮起に期待をするだけ。


■ネットでは肯定的なコメントが…

DeNAの現状についてネットでは、「ようやく形ができつつある。野手が仕上げてくれれば」「あとは打つだけ」「6、7回をどう凌ぐかだな…」という肯定的なコメントが多く、ファンも勝利が近いことを実感。

引き分けを挟んで8連敗中と厳しい状況は続くが、チームの状態は確実に上を向いている。暗く長いトンネルの出口はすぐそこだ。

・合わせて読みたい→開幕4戦で未勝利、DeNA・三浦大輔監督 ネットで同情や応援の声が相次ぐ理由

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(1枚)